PR

 大陽日酸は、優れた導電性・熱伝導性・機械特性を有するフッ素樹脂を、従来の約1/1000と少ないカーボンの添加量で実現することに成功した(図、ニュースリリース。カーボンを添加したフッ素樹脂は、帯電防止機能を有した樹脂として、また成形/切削加工時に熱膨張の少ない樹脂として、半導体部品や自動車部品などでの応用が期待されている。しかし、従来はカーボン材料としてカーボンブラックを主に使用しており、カーボンの添加量が多かったことから、成形加工において不良が発生しやすい、フッ素樹脂本来のしなやかさが損なわれる、半導体分野ではカーボンの発塵リスクが高い、といった課題があった。例えば、フッ素樹脂に帯電防止機能を持たせる場合で、カーボンブラックの添加量は5~15質量%だった。

*1 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)プロジェクトによる成果。

開発したフッ素樹脂による成形品
図●開発したフッ素樹脂による成形品

 同社が今回開発に成功したフッ素樹脂では、カーボン材料としてカーボンナノチューブ(CNT)を使った。CNTの繊維長は50~150μm以下。これを平均粒径25μmのフッ素樹脂に添加することで実現した。CNTの添加量を0.01質量%とした場合の導電性は、2.4×107Ω・cm(帯電防止レベル)。同0.05質量%とした場合の熱伝導率は、母材のフッ素樹脂の2.6倍〔0.64W/(m・K)〕、同0.1質量%とした場合の曲げ強度/圧縮強度は、母材のフッ素樹脂に対して11%高いという。

 同社は、既に同フッ素樹脂の低コストな製造プロセスも確立済みで、従来と同等の製造コストを実現できるとしている。今後、同社は同フッ素樹脂の年間10tの製造体制を確立して2014年10月からのサンプル販売開始を目指す。