PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは、エムスリー、米Illumina社と共同で、ゲノム情報プラットフォーム事業を手掛ける新会社「P5(ピーファイブ)」を2014年2月末までに設立すると発表した。日本において、ゲノムを解析するサービスを提供するとともに、解析したゲノム情報を関連する医療情報・健康情報とともに蓄積し、ゲノム情報を利用した研究を支援する考え。将来的には、研究支援にとどまらず、個人の医療やヘルスケアに役立てるサービスプラットフォームの構築を検討する。

 新会社の本社は東京都港区に置く。資本金は1億1875万円で、代表取締役社長は大塚博正氏(現・ソニー)が務める。エムスリーはソニーの子会社で、インターネットを活用した医療情報の提供などを展開している。Illumina社は、次世代ゲノム解析(シーケンサー)技術などに強みを持つ。

 今回の発表に対して、ソニー、エムスリー、Illumina社はそれぞれ、次のようにコメントしている。

ソニー 執行役EVP メディカル事業担当の斎藤端氏
「3社による連携は、個別化医療・ヘルスケア時代に先駆けて、医療分野における新しいサービス事業の創出につながるものと期待している。ソニーは、メディカル事業を将来の事業の柱の一つに育成していく方針を示している。医療情報サービスに強いエムスリーと、次世代シーケンサーと呼ばれる全ゲノムを高速に解析する遺伝子解析機器のトップシェアを持つIllumina社と協力することで、日本の医療の発展に資するゲノム研究支援が可能となり、将来的には医療分野での新たなサービスプラットフォームを構築したいと考えている」

エムスリー 代表取締役 谷村格氏
「インターネットは我々の生活に大きな影響を与えた。遺伝子診断・治療はインターネットと同等、あるいはそれ以上の大きなインパクトを我々にもたらすだろう。現在のヒトゲノムの世界は、インターネットで言うなら90年代初頭頃のイメージ、まだ米Google社も米Amazon.com社もFacebookも登場していないタイミング。今後、この分野でもこれらのネット企業に匹敵する企業やサービスが出てくるだろう。3社のアライアンスは、ユニークかつ強力なリソースを持つ連携であり、今後他では実現できないようなサービスプラットフォームを共同で構築していきたい」

米Illumina社 CEOのJay Flatley氏
「全ゲノム・シーケンシング・コストの急速な低下に伴って、ゲノム情報に基づいて、診断・治療の決定や、個人に適した医療、ヘルスケアに取り組む時代が近づいている。ゲノム情報をこれらの目的に使うには大量のデータ蓄積と解析が必要であり、日本において国民の健康を支援する土台として、ソニーとエムスリーと協力して強力なゲノム情報データベースを構築していけることにわくわくしている」