PR

 米Intersil社は、外形寸法が1.65mm×1.65mm×0.7mmと小さい6端子ODFNパッケージに封止したRGB対応のデジタル照度センサ「ISL29125」を発売した。外形寸法は、同種の製品の中で業界最小という。消費電流は低い。通常動作時に56μA、シャットダウン時に0.5μAである。液晶ディスプレイの場合は、輝度や色均一性を動的に調整する用途に向ける。有機ELディスプレイの場合は、青色発光体の経年劣化を補正し、製品寿命にわたってコントラストと輝度を均一に保つ用途に使える。具体的なアプリケーションとしては、スマートフォンやタブレット端末、液晶テレビ、有機ELテレビ、デジタル・フォトフレーム、デジタル・スチル・カメラ、デジタル・ビデオ・カメラなどを挙げている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)