PR

 東芝は、固体高分子型燃料電池(PEFC)における白金(Pt)の使用量を半減できる触媒を開発し、「nano tech 2014」(2014年1月29日~31日、東京)に出展した。膜状のPt層を多数重ねて触媒とする。まずは数年内に自社の家庭用燃料電池で実用化したい考え。その後、燃料電池車での採用を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割開始】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料