PR
塗膜したフィルム。左が従来品で、右が開発品。開発品は画面周囲の白っぽさが少ない。
塗膜したフィルム。左が従来品で、右が開発品。開発品は画面周囲の白っぽさが少ない。
[画像のクリックで拡大表示]
展示した説明パネル
展示した説明パネル
[画像のクリックで拡大表示]

 住友大阪セメントは、「nano tech 2014」(東京ビッグサイト、2014年1月29~31日)において、ITOフィルムのインデックスマッチング層に最適な高透明・高屈折率のハードコート塗料を展示した。

 スマートフォン用などの高精細なディスプレイに組み合わせて使うタッチパネルでは、ITOの電極パターンの骨見え防止のため、ハードコートフィルム表面に屈折率を調整するインデックスマッチング層を設けている。

 住友大阪セメントでは現在、粒径25nm程度の酸化ジルコニウム(ZrO2)の粒子を分散させた塗料を商品化しているが、高屈折率を維持しながらより透明性の高いものを新たに開発した。粒径5nm程度のZrO2を均一に分散させることで、透明性が向上し、LEDバックライトを点灯した際に画面の周囲が白っぽくなるのを防げるという。

 ハードコート塗料を用いた代表特性としては、フィルムの透明性に関する指標であるヘイズ(Haze)値は0.1%以下と、従来品に比べて1/3以下に抑えている。