PR
公開が始まった仕様書の最初のページ ARMのデータ。
公開が始まった仕様書の最初のページ ARMのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 英ARM社は、ARMv8-Aアーキテクチャに基づいた64ビット・サーバー・プラットフォームに関する標準仕様である「ARM SBSA(Server Base System Architecture)」が公開されたと、2014年1月29日(現地時間)に発表した(ニュース・リリース)。SBSAは同日より、同社のWebサイトから入手可能になっている。

 SBSAは、ARMコアのプロセサICをベースにしたサーバーを利用して、データセンター・アプリケーションを開発する際のプラットフォームである。ARM自身および、英Canonical社や米Citrix Systems社、英Linaro、米Microsoft社、米Red Hat社、米The Attachmate GroupのSUSE部門といったOSメーカー、米Dell社や米Hewlett-Packard社といった機器メーカー(OEM)などが加わって策定した。特にARMコア・プロセサICベースのプラットフォームにおけるソフトウエア開発と相互運用性に力点を置いたという。なお、ニュース・リリースでは、OSメーカーや機器メーカーに加えて、米Advanced Micro Devices社、米AppliedMicro Circuits社、米Broadcom社、米Cavium社、米Texas Instruments社といった、ARM v8-AベースのICを開発中の半導体メーカーもSBSAに賛同の意を表している。