PR

 パナソニックは、2014年2月4日に開催した取締役会において、2014年6月1日(予定)を効力発生日として、同社のセミコンダクター事業部の半導体等の開発・製造・販売に関する事業を、2014年3月中に設立予定の新会社「パナソニック セミコンダクターソリューションズ(PSCS)」に会社分割によって承継させることを決議した(リリース)。

 併せて、同年6月1日(予定)を効力発生日として、シンガポール、インドネシアおよびマレーシアの半導体後工程子会社3社を、後工程専業メーカー(OSAT)のシンガポールUTAC Holdings社の100%子会社であるUTAC Manufacturing Services(UMS)社に売却するため、パナソニックとUMS社との間で株式譲渡契約書を締結することを決議した。

 パナソニックは半導体の前工程工場に関しては、北陸3工場をイスラエルTower Semiconductor社と合弁で立ち上げる新会社へ2014年4月1日に移管することを発表済み(関連記事)。

 新会社のパナソニック セミコンダクターソリューションズ(PSCS)には、パナソニックの100%子会社であるパナソニック デバイスディスクリートセミコンダクター(PIDDSC)およびパナソニック デバイスオプティカルセミコンダクター(PIDOSC)を吸収合併させる。