PR
「12V エネルギー回生システム」と搭載されているNi水素二次電池のセル
「12V エネルギー回生システム」と搭載されているNi水素二次電池のセル
[画像のクリックで拡大表示]

 日産自動車と三菱自動車の合弁会社であるNMKVが開発した新型軽自動車、日産自動車「デイズ ルークス」と三菱自動車「eK スペース」には、減速時の回生エネルギーをオルタネーターで発電し、蓄電してアイドリングストップ中のエアコンへの送風をはじめ、オーディオやカーナビなどに電力を供給する「アシストバッテリー」と呼ぶ機能を搭載している(関連記事)。

 同機能を実現するためのニッケル(Ni)水素二次電池を用いた蓄電システム「12V エネルギー回生システム」を開発したのがパナソニックである(関連記事)。従来の鉛蓄電池と並列に接続して利用することで、減速時の回生エネルギーの回収量の向上による燃費向上や鉛電池の長寿命化などアイドリングストップ車の高機能化に貢献できるとしている。

 12V エネルギー回生システムは、容量6Ahの単1形Ni水素二次電池を10本直列接続している。外形寸法は230×205×80mm、質量は約3.4kgである。特徴は、従来のアイドリング・ストップ・システムにDC-DCコンバータを用いずに搭載できる上、高温特性に優れたNi水素二次電池を採用するため、エンジンルーム内に設置することも可能である。ただし、今回採用されたデイズ ルークスとeK スペースは軽自動車のため、エンジンルーム内にスペースがなく、12V エネルギー回生システムは助手席下に載せている。