PR

 スイスu-blox社は、外形寸法が9.6mm×14.0mm×1.95mmと小さいアンテナ付きGNSS(Global Navigation Satellite System)モジュール「CAM-M8Q」を発売した。米国のGPSや、ロシアのGLONASS、中国のBeiDou、準天頂衛星システム(QZSS:Quasi Zenith Satellites System)に対応する。モジュールには、同社のGNSS受信IC「M8」のほか、SAWフィルタや低雑音アンプ(LNA)、温度補償回路付き水晶発振器(TCXO)、リアルタイムクロックIC、受動部品、チップアンテナを搭載した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
トヨタの燃料電池車を徹底分解、見えた電動化の課題とは
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中