PR

九州大学などの3大学と住友化学は、Naイオン2次電池を共同で試作し、充放電挙動を確認した。九州大学 先導物質化学研究所は電池の正極材料を、住友化学 筑波開発研究所は負極材料を、山口大学と日本大学が電解液の開発をそれぞれ担当し、技術を持ち寄ってNaイオン2次電池のプロトタイプを開発した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料