PR
今回の製品 TIのデータ。
今回の製品 TIのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Texas Instruments社は、安価が特徴のマイコン開発キット「LaunchPad」シリーズに、同社のマイコン「Tiva Cシリーズ」向けの「Tiva Cシリーズ・コネクテッド・ローンチパッド(EK-TM4C1294XL)」を加えた(日本語ニュースリリース)。19.99米ドル(米国における参考価格)で提供を始めている。

 今回の製品は、同社のマイコン「TM4C1294NCPDT」を搭載する。これは、10/100Mビット/秒EthernetのMACとPHYを備えたCortex-M4Fマイコン「Tiva TM4C129x」(Tech-On!関連記事)の1製品で、1Mバイトのフラッシュメモリーと256KバイトのSRAM、6KバイトのEEPROMを集積している。さらに、10個のI2Cポート、2個の12ビットA-D変換器、2組の直交エンコーダ入力、3個のコンパレータ、さらにPWM出力などを搭載する。

 今回の製品は、「BoosterPack XL」用のプラグインインターフェース(コネクタ)を2個備えている。同社のブースターパック「SimpleLink Wi-Fi CC3000」や、Anaren社の「SimpleLink Bluetooth low energy」に向けたブースターパック(TIのSoC「CC2541」と協調動作)などが利用できる。またクラウドとの連携機能があり、Ethernet経由でインターネットに接続して、例えば、スマートフォンとの間でリアルタイムにデータ交換可能だという。

 なお、ソフトウェア開発向けに、「TivaWare」や「Code Composer Studio」を利用可能である。