PR
今回の製品 NXPのデータ。
今回の製品 NXPのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]
機能ブロック図 NXPのデータ。
機能ブロック図 NXPのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 オランダNXP Semiconductors社は、磁気方式の角度センサーモジュールの新製品「KMA215」を発表した(ニュースリリース)。自動車のパワートレイン向け製品で、Single Edge Nibble Transmission(SENT)規格の最新版(SAE J2716 JAN2010 SENT)に準拠する。

 KMA215は磁気抵抗(MR)センサーブリッジ、ABCDプロセス技術で作るミックストシグナルIC、およびキャパシターを1パッケージに収めたモジュールで、出力はデジタルである(デフォルトの出力形式は「SENT2010-03.0us-6dn-npp-nsp-A.3」)。キャパシターを内蔵し、プログラムやキャリブレーションが済んだ状態で出荷するため、この製品を角度センシングシステムとしてすぐに利用できるという。

 今回の製品は、巡回冗長検査(CRC)と誤り検出訂正(EDC)機能を備え、磁石損失および破断ボンドワイヤ検出機能を内蔵する。業界で一般的な150°Cを上回る最大160°Cの温度で動作可能である。これは、EGR(排気再循環)用途に重要な温度仕様だという。車載車載半導体の品質規格である「AEC-Q100 Rev-G」に準拠する。