PR

 市場調査会社の米IC Insights社によれば、2014年の半導体メーカーの設備投資額で、上位10社のうち最も前年比成長率が高いのは米SanDisk社の86%だという。同社は前年の8億5900万米ドルを大きく上回る16億米ドルを投じるとみられる。主な用途は3次元NANDフラッシュメモリーの増産。事業パートナーである東芝も、前年比20%増の19億5000万米ドルを投じる見込みで、設備投資額を企業別にみると東芝が世界7位、SanDisk社が8位になるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する