ウエアラブル活動量計のFitbit社がヒットの要因を自ら分析、今後の展開も明らかに

カーソルキー(←/→)でも操作できます