PR
発表会 日経エレクトロニクスが撮影。
発表会 日経エレクトロニクスが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
発表会 日経エレクトロニクスが撮影。
発表会 日経エレクトロニクスが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
ボディーカラーは4色 ニコンのデータ。
ボディーカラーは4色 ニコンのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ニコンは、レンズ交換式カメラ「Nikon 1」のJシリーズの新製品「Nikon 1 J4」を発表した(ニュースリリース1)。2014年4月10日に東京で同カメラの報道機関向け発表会を実施し、販売開始は2014年4月24日を予定する。

 同社はNikon 1のVシリーズの新製品「Nikon 1 V3」をひと月ほど前の2014年3月13日に発表している(ニュースリリース2)。同社によれば、V3とJ4はほぼ同じハードウエアを使っているが、V3はカメラをよく知っている人がメインターゲットにして製品企画/設計し、J4はこれからレンズ交換式カメラを使い始める人をメインのターゲットにして製品企画/設計したという。このため、J4では「使いやすさ」を重視したとする。

 ほぼ同じハードウエアを使うというだけあって、カメラの基本仕様はV3とほぼ同じである。例えば、「AF(auto focus)追従で約20コマ/秒の連続撮影が可能」という高速連続撮影はV3でもJ4でも同様に行える。ニコンによれば、「AF追従で約20コマ/秒の連続撮影は世界最速で、プロフェッショナル向けカメラよりも速い」という。なおAF固定ならば、約60コマの連続撮影ができる点も同じである。

 有効画素数1839万のCMOSイメージセンサーや画像処理ICの「EXPEED 4A」もV3とJ4で共通となっている。どちらも1920画素×1080画素/60p対応のフルHD動画撮影機能があり、さらに動画撮影中に5232画素×3488画素の静止画が同時に撮影できる。ユーザーが動画撮影中にシャッターを切らなくても、動画撮影中にカメラが自動で静止画を撮影する「動画中おまかせスナップ」機能もある。

 発表会ではJ4のユーザーを想定したイメージキャラクターとして、女優の本田翼さんを採用したことも紹介し、本田さん自身が発表会にも登場した。価格はオープンだが、ボディのみの市場想定価格は6万5000円前後、標準パワーズームレンズが付いたキットが7万7000円前後、ズームレンズが2本付いたダブルズームキットが9万5000円前後だという。