PR

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載予定の小型の衝突装置(SCI:Small Carry-on Impactor)の開発をほぼ終了した。「日本地球惑星科学連合 2014年大会」の中で明らかにした。SCIとは、弾丸を小惑星に衝突させて人工クレーターを形成する装置。小惑星の表面の物質だけではなく、内部に存在する物質も採取できるようにするためのものだ。小惑星「イトカワ」のサンプルを採取してきた初代「はやぶさ」にはなかったもので、はやぶさ2に向けて新たに開発を進めてきた装置である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

デジタル融合で加速するものづくりの進化

製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の最先端を知りたい方に。先進企業の事例やDXを支援する製品/ソリューションを集めたイベントを開催します。参加は無料。

事前登録で動画/資料が見られます

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中