PR

トヨタ紡織と豊田中央研究所は、自動車の内装部品に使われるポリプロピレン(PP)の約10倍と高い耐衝撃強度を持つバイオプラスチック(バイオプラ)を共同で開発し、「自動車技術会2014年春季大会」においてその概要を発表した。同バイオプラは、ポリアミド(PA)11とPPをアロイ化したもの。トウゴマから抽出したひまし油を原料とする100%植物由来のPA11を利用したバイオプラである。そのシャルピー衝撃強度は、常温で約90kJ/m2。自動車内装用のバイオプラであるPP/ポリ乳酸アロイの約13倍、高衝撃ポリマーアロイとされるポリカーボネート(PC)/アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)アロイの約8割増に相当するという(図1)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BP デジタルサービス会員登録キャンペーン 新規登録会員(無料)になっていただいた方の中から抽選でAmazonギフト券(2,000円分×1万名、1,000円分×2万名)が当たる!
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中