PR

トヨタ自動車が2015年に発売を予定している燃料電池車(FCV)。その燃料電池システムのコストが、同社が2008年に市場投入したFCV「FCHV-adv」の1/20以下となる見通しだ。2014年5月29日開催の「第21回燃料電池シンポジウム」の特別講演の中で、登壇した同社技術統括部次世代車推進グループ主査で担当部長の折橋信行氏が明らかにした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!