PR

 山形大学大学院理工学研究科有機デバイス工学専攻 教授の城戸淳二氏と助教の笹部久宏氏の研究室(城戸・笹部研)は、外部量子効率が30%と高く、しかも2.5Vと低いオン電圧で駆動できる青色リン光発光の有機EL素子を開発した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料