PR

 東芝燃料電池システム、山口リキッドハイドロジェン、長府工産、岩谷産業の4社は共同で、水素を燃料とし、発電効率が高い純水素型燃料電池システムの研究開発・実証事業を2014年8月下旬に開始する。この事業は、山口県が2014年4月に公募した「平成26年度 やまぐち産業戦略研究開発等補助金」において、「世界初 純水素型燃料電池コジェネレーションシステムの開発及び水素需要の拡大」をテーマとして採択された。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!