PR

 米Stanford Universityは2014年8月22日、水を1.5Vと低電圧かつ白金(Pt)並みの高効率で電気分解する新しい触媒を開発したと発表した。燃料電池に向けた水素ガスを低コストに得る手段として使える可能性がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!