PR

 英e2v社は、米Freescale Semiconductor社が提供していたマイクロプロセッサーIC「MC68020」をセラミックQFP封止して販売すると発表した(ニュースリリース1)。Freescaleが2010年秋に同ICの生産を終了した際には、プラスチップQFP封止だったという。

 e2vとFreescaleは2010年春に、FreescaleがMC68020の生産を中止した際にe2vが生産を引き継ぐ契約を交わしたニュースリリース2)。すでにプラスチップQFP封止のMC68020はe2vから供給されている。今回、宇宙航空、防衛、産業といった分野に向けて、132ピンのセラミックQFP封止品を提供することにした。この製品は、e2vの「SLiM:Semiconductor Lifecycle Management」プログラムを通して、最大15年の供給を保証する。なお、オリジナルのプラスチックQFP品と今回のセラミックQFP品は完全なピン互換だという。