PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 セガは、プロジェクションマッピングを利用した子供向け室内用遊具機器「え~でる すなば」を開発した。2014年秋に設置を開始する予定。ゲームセンターだけでなく、自動車や住宅などの販売店にあるキッズコーナーへの設置を目指す。

 え~でる すなばは、室内用の砂「えーでる さんど」に、上部からプロジェクターで映像を投影する機器である。機器上部には距離を測るセンサーも設置してあり、砂の高低差を感知して、投影する映像を変える。

 例えば砂を掘ると川や海の映像を、砂を積み上げると山の映像を投影する。さらに、高い山を作ると、山の頂上付近に雪を投影するといったこともできる。人の動きも検出しており、プロジェクターで投影した「テントウムシ」「カマキリ」といった文字に指で触れると、山や平地を虫が動き回るようになる。

 自由に砂で遊ぶ「すなあそび」モードの他に、テーマにそった絵を砂で作る「できるかな」モードを備えている。