PR

 ホンダと岩谷産業は2014年9月18日、水素製造から充填システムまで構成部位を世界で初めてパッケージ化した小型水素ステーション「スマート水素ステーション」を開発し、さいたま市に設置した。1基当たりの設置コストが約4~5億円かかるとされるこれまでの水素ステーションに比べて、「設置コストを将来的に1/10まで減らすことを目指す」(ホンダ)としており、両社は水素ステーションの普及に貢献するとみている。ホンダは、2015年に燃料電池自動車(FCV)を発売する計画で、FCV普及の基盤整備につなげたいとしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!