PR
開発したCT Lab GXシリーズ
開発したCT Lab GXシリーズ
[画像のクリックで拡大表示]

 リガクは2014年9月29日、3次元画像(3D)対応の工業用X線CT装置「CT Lab GXシリーズ」を開発したと発表した(リリース関連サイト)。これを受けて工業用CT分野に参入する。医薬品や薬用デバイス、骨、鉱物、電子デバイスなどの測定に、高速で高分解能のX線CT装置を提供する。

 リガクは2006年から、実験動物用や動物病院用といった動物用X線CT装置を販売している。今回の製品では、ここで培った独自技術を工業用に展開した。例えば、動物の被ばく量を抑える高速測定技術を、工業用製品を短時間に測定できる機能に転用。生体を測定する技術は、対象物を置くだけで測定できる機能に応用した。

 CT Lab GXシリーズの最大の特徴は、測定が高速なこと。3Dモードでは最速8秒で撮影でき、画像再構成(リコンストラクション)時間も15秒と短い。2DのX線透視観察機能も実装しており、高分解能の「リアルタイム透視モード」を利用できる。同モードでは対象の構造変化をin-situでリアルタイムに観察できる。電池の充放電時の変化、水冷管に液体を流した状態の観察などに適するという。

 樹脂などの観察に適する低出力品「CT Lab GX90」、金属などX線を透過しにくい対象に適する高出力品「CT Lab GX130」の2モデルを用意。最高分解能は4.5μm、最大画素数は8000×8000である。測定対象の最大径は72mm×36mm。広視野領域を撮影後に関心領域を設定し、細部の画像を詳細に再構成できる機能も搭載している。