PR
発売したMAMMOMAT Fusion
発売したMAMMOMAT Fusion
[画像のクリックで拡大表示]

 シーメンス・ジャパンは2014年10月1日、デジタルマンモグラフィー装置の新製品「MAMMOMAT Fusion(マンモマート・フュージョン)」を発売した(リリース関連サイト)。乳がんのスクリーニングや一次診断向けの装置として、同社の「MAMMOMATシリーズ」のラインナップに加える。スクリーニング機能に特化することで操作性を高め、短時間での検査を可能としている。

 精密検査にも対応できる従来モデル「MAMMOMAT Inspiration」と同等の低被曝と高画質を両立しつつ、機能を限定してシンプルに操作できるようにした。独自の被曝低減コンセプト「CARE(Combined Applications to Reduce Exposure)」に基づく被曝低減機能「Op-dose」を実装。個々の乳房サイズや密度に合わせて管電圧を適切に自動設定し、最適な線量で検査できる。

 新規開発した間接変換方式のフラットディテクターも搭載。直接変換方式と同等の画質を保ちつつ、直接変換方式では対応しにくかった、温度や湿度の管理が難しい検診車や検診施設にも導入できるようにした。

 MAMMOMAT Inspirationと同様に、被検者登録から検査までをワンクリックで自動設定できる「One-click-to-Image」機能や、設定した角度までワンタッチでアームが自動回転する「シングルタッチ」ボタンなど、ワークフローの改善に向けた機能も搭載した。