PR
図1◎東京都内で開かれた「ルノー・メガーヌRSトロフィー」発表会会場。当日は合わせて、ロータス・ルノーF1チームのドライバーであるパストール・マルドナド選手(左)と元陸上選手の為末大氏(中央)を迎えてトークショーが開催された。右はルノー・ジャポン社長の大極司氏。
図1◎東京都内で開かれた「ルノー・メガーヌRSトロフィー」発表会会場。当日は合わせて、ロータス・ルノーF1チームのドライバーであるパストール・マルドナド選手(左)と元陸上選手の為末大氏(中央)を迎えてトークショーが開催された。右はルノー・ジャポン社長の大極司氏。
[画像のクリックで拡大表示]
図2◎ニュルブルクリンクサーキットにおける量産FWDモデルの最速ラップを記録した「ルノー・メガーヌRSトロフィーR」。エンジンのセッティング変更や2シーター化などによる軽量化が施された。
図2◎ニュルブルクリンクサーキットにおける量産FWDモデルの最速ラップを記録した「ルノー・メガーヌRSトロフィーR」。エンジンのセッティング変更や2シーター化などによる軽量化が施された。
[画像のクリックで拡大表示]
図3◎「トロフィーR」に備わるレカロ製シートは一体成形のCFRP製。後席は軽量化のために省かれている。
図3◎「トロフィーR」に備わるレカロ製シートは一体成形のCFRP製。後席は軽量化のために省かれている。
[画像のクリックで拡大表示]

 ルノー・ジャポンは2014年9月30日、東京都内において、同社の「メガーヌ」のスポーツモデルである「ルノー・スポール(以下、RS)」の限定車「メガーヌRSトロフィー」3モデルを発売することを発表した。

 今回の発表会のオープニングでは、ルノー・ジャポン社長の大極司氏ともに、F1日本GPのために来日したロータス・ルノーF1チームのドライバーであるパストール・マルドナド選手が、今回発売された限定車である「メガーヌRSトロフィーR」とともに登場した。この車両はドイツのニュルブルクリンクサーキットにおいて、前輪駆動の量産車最速タイム(7分54秒36、2014年6月現在)を記録した車両そのものだ。

 今回3モデルが用意されるメガーヌRSトロフィーは、フランスRenault社のスポーツ部門である同Renault Sport社がモータースポーツ活動で積み重ねたノウハウを注ぎ込んだモデルである。なかでも、トロフィーRは、FWD量産車として“ニュル最速”を狙って開発されたモデルだ。

 メガーヌRSトロフィーはRS用のシャシー・カップ(よりハードな足回りなどを与えたスポーツ仕様)を採用した上で、「F4R」型2Lターボエンジンの最高出力を201kW(273PS)/5000rpmとし、最大トルクは360N・mは共通ながら、発生回転数を3000rpmから3000~5000rpmに変更(5500rpmでは+10N・mを発生)。さらに1、2速では最高回転数を6800rpmに設定した。ちなみに、チタン製マフラーにより、4kgの軽量化を実現したという。