1000V対応の接続箱(出所:河村電器産業)
1000V対応の接続箱(出所:河村電器産業)
[画像のクリックで拡大表示]
1000V対応の集電箱(出所:河村電器産業)
1000V対応の集電箱(出所:河村電器産業)
[画像のクリックで拡大表示]

 河村電器産業(愛知県瀬戸市)は10月1日、最大入力電圧直流1000Vに対応した太陽光発電システム用の接続箱と集電箱を発売した。

 国内のメガソーラー(大規模太陽光発電所)の直流側の回路設計は、従来、直流750Vが主流だったが、海外で標準の1000V仕様を導入する動きが高まっている。1000V仕様にすることで、回路数と設備機器が減り、コストダウンにつながる。

 太陽光発電システムを構成する接続箱と集電箱は、太陽光パネルからの直流電流をまとめ、パワーコンディショナー(PCS)に接続する役目を持っている。1000V仕様のシステムを構築するには、太陽光パネルとPCSのほか、接続箱、集電箱など、周辺設備も1000V対応品が必要になる。これまで1000V仕様では海外設備の採用が多かったが、河村電器産業は、国産で1000Vに対応した。

 新製品の接続箱は、1回路当たりの定格入力10Aで、クラス2のSPD(避雷器)、逆流防止装置としてダイオードを標準装備している。