PCSに加えて送電関連設備まで一括して提供する(出所:SMAソーラーテクノロジー)
PCSに加えて送電関連設備まで一括して提供する(出所:SMAソーラーテクノロジー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツの大手パワーコンディショナー(PCS)メーカーのSMAソーラーテクノロジーは9月、英国におけるメガソーラー(大規模太陽光発電所)を迅速に完工させるための、パッケージ化した発電システムを供給すると発表した。PCSに加え、送電関連設備を一括して提供する。

 英国では、政府が太陽光発電所に関する制度を変更し、補助金を得るためには、2015年3月末までに発電を開始する必要が出てきた。

 英国のエネルギー・気候変動省(Department of Energy and Climate Change)が、再生可能エネルギーの導入促進政策の一つである「Renewable Obligation Certficates」による補助金の対象期間を、予定より前倒しして打ち切ることを決めたためである。

 2017年までに建設する出力5MW以上のメガソーラーに対して、補助金を支給する予定だったが、対象とするメガソーラーの稼働開始の期限を、2015年4月1日に前倒しした。この期日に間に合わない場合、新たに導入する差金決済型(Contracts for Difference)の固定価格買取制度に基づく事業に変更する必要がある。

 SMAソーラーテクノロジーによる今回の提案は、この補助金を頼りに、英国でメガソーラーの建設計画を進めていた発電事業者や投資家のニーズに対応するもの。

 PCSだけでなく、中電圧の送電関連設備などを一貫で提供することで、発電システムの設計から設置までの期間の短縮だけでなく、送電網への連系時に生じる問題を最小化できる。