PR
[画像のクリックで拡大表示]

 スウェーデン王立科学アカデミーは2014年10月7日、同年のノーベル物理学賞に赤崎勇氏(名城大学)、天野浩氏(名古屋大学)、中村修二氏(米University of California Santa Barbara校)の3人を選出したことを発表した(pdf形式のプレスリリース)。受賞理由は高輝度青色発光ダイオード(LED)の発明に対して。

 青色LEDの開発成功が発表されたのは1993年末のことである。当時、赤崎氏と天野氏は名古屋大学に、中村氏は日亜化学工業に所属していた。