PR
【図1】点群データと3Dモデル(XVLデータ)間で距離計測している画面。
【図1】点群データと3Dモデル(XVLデータ)間で距離計測している画面。
[画像のクリックで拡大表示]
【図2】3Dアニメーションによって施工順を確認している画面。
【図2】3Dアニメーションによって施工順を確認している画面。
[画像のクリックで拡大表示]
【図3】断面表示によって形状を確認している画面。
【図3】断面表示によって形状を確認している画面。
[画像のクリックで拡大表示]

 ラティス・テクノロジー(本社東京)は、現物を計測した大容量の点群データと軽量3Dデータ形式「XVL」のデータを統合利用できるデジタル・モックアップ(DMU)ツール「XVL InfiPoints」を2014年10月20日に発売する(ニュースリリース)。エリジオン(本社浜松市)から、同社の点群データ処理技術「InfiPoints」のライセンスを受けて開発した(関連記事)。

 XVL InfiPointsは、2つのツールで構成される。1つは、エリジオンのInfiPointsの標準機能にXVLデータのインポート機能を追加したツール。もう1つは、ラティスのDMUツール「XVL Studio」に、XVL データ(3Dモデル)と点群データを同時に表示したり、相互の位置関係を検証したりする機能を追加したツールだ。

 具体的な機能としては、前者では3Dスキャナーなどから取り込んだ点群データの位置合わせやノイズ除去、フィーチャー抽出、地面抽出、点群データの表示/計測、配管モデリングなどがある。一方、後者では3Dモデルと点群データが混在した状態での動的・静的干渉や計測、断面作成、設置検討アニメーションの作成といった機能を提供する。

 XVL InfiPointsの用途としては、例えば既存工場へ大型設備を設置する場合に、計測した工場の現状を示す点群データと3D-CAD で設計した新たな設備のXVL データを統合して検証するといったものがある。設置する設備と既存工場建屋との干渉を事前に確認したり、設備の施工手順を3Dのアニメーションで再現して動的に干渉チェックしたりできる。

 このほか、エレベーターのリニューアルや既存の船への新設備の取り付けなどでの活用も想定する。