静岡市に建設した三保ソーラーパワー(出所:JFEエンジニアリング)
静岡市に建設した三保ソーラーパワー(出所:JFEエンジニアリング)
[画像のクリックで拡大表示]

 JFEエンジニアリングは静岡市の同社清水製作所跡地に出力10MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)、「三保ソーラーパワー」を建設し、10月1日から発電を開始した。固定価格買取制度(FIT)により中部電力に売電する。

 太陽光パネルには韓国・ハンファQセルズ製を、パワーコンディショナー(PCS)には富士電機製を採用した。同発電所は静岡市で最大規模になり、年間発電量は約900万kWhを見込んでいる。

 今回の建設は、静岡市と協議しながら、市の再生可能エネルギー政策や町づくりなどに沿う形で進めた。発電所は旧清水市地区にあり、「清水港みなと色彩計画」に基づいて、アクアブルー(明るめの青色)のパネルを採用した。

 JFEエンジはJFEグループの遊休地などを活用し、メガソーラー発電事業を広げてきた。今回の三保ソーラーパワーは8件目で、トータルの出力は40MWに達した。