PR
図1◎リコールが相次ぐ「フィットハイブリッド」
図1◎リコールが相次ぐ「フィットハイブリッド」
[画像のクリックで拡大表示]
図2◎「ヴェゼルハイブリッド」もリコールは3回目
図2◎「ヴェゼルハイブリッド」もリコールは3回目
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは2014年10月23日、全社の品質保証体制を強化すると発表した。2013年9月に発売した「フィット」(図1)と同年12月に発売した「ヴェゼル」(図2)のそれぞれのハイブリッド車(HEV)が、リコールを繰り返していることを受けたものである。

 同社の四輪事業本部に「品質改革担当役員」を置き、同役員が本田技術研究所の副社長を兼務する体制にする。担当役員には専務執行役員(現・四輪事業本部第一事業統括)の福尾幸一氏が、2014年11月1日付で就任する。さらに、技術研究所の開発体制を見直し、生産・品質・カスタマーサービスなどの各部門が連携してチェックする体制を整える。こうした新体制によって、品質問題の撲滅を目指すという。

 「フィットハイブリッド」は発売直後の2013年10月と12月、2014年2月と7月の合計4回にわたってリコールを繰り返した。フィットハイブリッドと同じパワートレーンを搭載する「ヴェゼルハイブリッド」についても、2014年2月と7月に2回のリコールを行った。ホンダによるといずれも、「モーターとエンジンを組み合わせて制御するシステムの開発過程において、様々な使い方を想定した検証が不十分だったため」と説明している。