PR
図1◎「衝突軽減ブレーキ」の仕組み
図1◎「衝突軽減ブレーキ」の仕組み
[画像のクリックで拡大表示]
図2◎車線からのはみ出しを防ぐ「路外逸脱抑制」
図2◎車線からのはみ出しを防ぐ「路外逸脱抑制」
[画像のクリックで拡大表示]
図3◎ステアリングを制御して歩行者との衝突を防ぐ
図3◎ステアリングを制御して歩行者との衝突を防ぐ
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは2014年10月24日、新たな安全運転支援システム「ホンダセンシング」を開発したと発表した。日本ではまず、11月に発表を予定している新型「レジェンド」に搭載する。その後、搭載する車種を順次広げる計画である。

 新たな先進運転支援システム(ADAS)は、フロントグリル内に組み込んだミリ波レーダー(77GHzの周波数に対応)と、フロントウィンドーの室内側に取り付けたカラーの単眼カメラで構成する。ミリ波レーダーの性能を向上させて前方車両の位置や速度だけでなく、これまで検知が難しいとされてきた歩行者も検知できるようにした。単眼カメラについては、解像度を従来の640×480画素から1200×800画素程度に高めており、約60m先までの歩行者や障害物を識別できるという。レーダーは富士通テン製、カメラは日本電産エレシス(旧ホンダエレシス)製である。

 新型レジェンドに搭載する新機能は(1)衝突軽減ブレーキ、(2)路外逸脱抑制、(3)歩行者事故低減ステアリング、(4)渋滞追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、(5)標識認識(6)先行車発進お知らせ──の六つ。このほかに、車線維持支援システム(LKAS)と誤発進抑制という従来の二つの機能も搭載される。