PR
日立のPROBEAT-RT
日立のPROBEAT-RT
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所は、動体追跡照射技術とスポットスキャニング照射技術を組み合わせた陽子線治療装置「PROBEAT-RT」について、薬事法の製造販売承認を取得した(リリース)。2つの技術を組み合わせた治療が、同社と共同開発を進めてきた北海道大学(北海道大学病院陽子線治療センター)で2014年度中に開始される。動体追跡照射技術とスポットスキャニング照射技術の両方を搭載した陽子線治療装置による治療は、世界初である。

 動体追跡照射技術は、肺や肝臓など、呼吸で位置が動く腫瘍に精度よく陽子線を照射できる。腫瘍近傍に金マーカーを刺し、X線透視画像で金マーカーをとらえて空間的位置を周期的に繰り返し計算する。そして、金マーカーが計画位置から数mm以内の範囲にある場合だけ陽子線を照射する。これを高速で行うことにより、呼吸で動く腫瘍にも陽子線を高精度に照射できる。従来手法に比べて、照射体積を1/2~1/4に減らすことが可能だ。

 一方、スポットスキャニング照射技術は、陽子線ビームを従来のように拡散させるのではなく細い状態のまま使い、照射と一時停止を高速で繰り返しながら順次位置を変えて陽子線を照射する。これにより、複雑な形状をした腫瘍でもその形状に合わせて高い精度で陽子線を照射できる。

 日立はPROBEAT-RTについて、スポットスキャニング照射技術のみを用いた治療を2014年3月に北海道大学病院陽子線治療センターで開始している(関連記事1同2)。薬事承認取得により、動体追跡照射技術と組み合わせての治療が可能になる。