PR
日本マイクロソフトと竹中工務店が10月15日に開催した発表会で公開されたプレゼンテーション資料
日本マイクロソフトと竹中工務店が10月15日に開催した発表会で公開されたプレゼンテーション資料
[画像のクリックで拡大表示]

 大手ゼネコンの竹中工務店が、IoT(Internet of Things)を活用した建物設備のモニタリングサービスに乗り出す。米Microsoft社のクラウド対応ソフトウエア「Microsoft Azure」と、機械学習を実現する同社のソフトウエアを利用する。ビルの管理者やユーザーは、省エネや快適さを実現するための設備運用をほぼ自動化できるようになるという(有料会員向けの関連記事)。

 竹中工務店は、同社が提供中のクラウドベースのBEMS(ビルエネルギー管理システム)と連携させ、設備管理の手間を削減できる新サービスとして2015年に提供を始める。既に同社の東京本店などで実験的に導入しており、この成果も踏まえて実用化を決めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い