独立電源システムの概要(出所:WQ)
独立電源システムの概要(出所:WQ)
[画像のクリックで拡大表示]

 慧通信技術工業(兵庫県神戸市)は10月28日、家庭用の独立電源システム「Personal Energy(パーソナルエナジー)338」を発売すると発表した。

 高速充放電技術を特徴とし、太陽光発電や風力発電などの外部電源のみを使い、電力会社から買う電力に頼らないオフグリッドの電源システムという。

 同社では、独立電源システムを2012年から販売し、公共インフラや医療機関向けなどを中心に納入してきた。家庭向けについては、これまで時期尚早と判断し、発売を見合わせてきた。

 家庭用の販売に踏み切るきっかけとして、九州電力、沖縄電力、四国電力、東北電力、北海道電力の五つの電力会社による、再生可能エネルギーの接続申し込みへの回答保留の公表を挙げている。

 電力網が受け入れ可能な容量の制約を解消する上、買電時に電力価格の高騰の影響を受けない手法として、オフグリッドによる再生可能エネルギーの全量自己消費が広まると判断したという。

 パーソナルエナジー338の販売は、WQ(東京都中央区)が担当する。まず、沖縄で12月1日から先行して販売する。沖縄で先行販売する理由は、太陽光発電の系統連系が最も困難な地域のためとしている。

 パーソナルエナジー338は、出力が6kW、容量は8kWhで、晴天時であれば出力3kWの太陽光発電システムを使って約2.8時間で満充電できる。寸法は屋内向けで600mm×700mm×1600mm、重量は約360kg。スマートメーターの機能も搭載している。