PR
撮影:堀 勝志古
撮影:堀 勝志古
[画像のクリックで拡大表示]

 2014年のノーベル物理学賞を受賞した名古屋大学 教授の天野浩氏が、日経BP社の単独インタビューに応じ、現在の心境を語った。青色LEDの実現に至るまでの経緯や、恩師でありノーベル賞の共同受賞者でもある赤崎勇氏(名城大学教授)との思い出、現在の研究テーマなど、話は尽きなかった。ここでは現在の研究テーマに関する内容を中心に、その概要を紹介する。インタビューの詳細は、日経エレクトロニクスや日経テクノロジーオンラインなどに順次、掲載予定である(取材班)。

 私は材料の研究者ですが、一貫して最終目標に据えてきたのは、研究を実用化につなげることです。青色LEDでいえば、実用化に向けた突破口を我々のグループが開くことができた。でも、実用化に至るには企業の方々の力が必要でした。企業に任せた方が速く進む部分が確かにあります。逆に、大学の役割は企業にはできないことをやること。大学の研究者としてこれから追究したいテーマは、まだまだあります。

 まずは(青色LEDよりも発光波長が短い)紫外LEDです。現状では、青色LEDなどに比べて光取り出し効率が極端に低い。ここは窒化物の改良だけでは限界がありますから、他の材料との組み合わせを模索しています。例えばグラフェンやカーボンナノチューブ。これらの材料の専門家に我々の研究に加わってもらい、電極材料として使った場合に紫外LEDの性能がどれほど上がるかを検証中です。

 もう1つは、GaN on Si。LSIを作るようなSiウエハー上にGaNデバイスを作製する技術です。ここでは、Si基板上にストライプ構造を備えたレーザーを実現することを目指しています。

 そして現在、最も中心的なテーマとして力を入れているのが、GaNのパワーデバイスへの応用です。これを実現できれば、青色LEDに引けを取らないほどの省エネ効果が見込める。私はあと10年ほどで定年を迎えますが、何とかそれまでに実用化したいと思っています。