PR
今回のキットに含まれる「LPC4088 Quick Start Board」 Embedded Artistsの写真。
今回のキットに含まれる「LPC4088 Quick Start Board」 Embedded Artistsの写真。
[画像のクリックで拡大表示]

 英ARM社は、同社のUniversity Programを通して低価格な開発キット「Embedded System Education Kit」を提供することを発表した(ニュースリリース)。大学の教員が業界標準の組み込みシステム設計やプログラミングのコンセプトを教えることを支援するのが、このキットの狙いだという。

 このキットは学生にARMおよびARMのパートナーの最新技術に触れる機会をもたらし、学生は組み込み設計業界で職を得るための素養を身に付けられるとする。ARMがオランダNXP Semiconductors社とスウェーデンEmbedded Artists社と手を組んで、この開発キットを用意した。

 評価ボードの「LPC4088 Quick Start Board」と「LPC4088 Experiment Base Board」(共にEmbedded Artists社製品)、ARM Keil MDK-ARM Proのソフトウエアライセンス、およびレクチャースライドやデモコード、ハンズオンラボ用のマニュアルなどを含む教育用マテリアルから構成される。教育用マテリアルには、「LPC4088(NXP製ARMコアマイコン)を利用した、効率的な組み込みシステムの設計とプログラミング」、「ARM mbed APIを利用した迅速なシステム設計とプログラミング」、「ARM Keil RTX RTOSを利用したOS設計」、「オーディオアプリケーション向けのDPS設計」の4つのコースから成る。

 すでにこのキットは提供が開始されている。コストは生徒1人・1コースあたり20ユーロ未満という。