PR

産婦人科向けプレミアム超音波画像診断装置「Voluson E10」
[画像のクリックで拡大表示]

GEヘルスケア・ジャパン代表取締役社長兼CEOの川上潤氏
[画像のクリックで拡大表示]

GEヘルスケア・ジャパン超音波本部Women's Healthcareマーケティングマネジャーの八幡努氏
[画像のクリックで拡大表示]
 GEヘルスケア・ジャパンは2014年10月28日、超音波画像診断装置「Voluson」シリーズの最上位機種である産婦人科向けプレミアム超音波画像診断装置「Voluson E10」を発表した。同日の記者発表会では同装置の説明とともに、その臨床的有用性について東北大学病院総合周産期母子医療センターの川滝元良氏とクリフム夫律子マタニティクリニック臨床胎児医学研究所院長の夫律子氏が講演した。

 Voluson E10の特徴は、最新のシステムアーキテクチャー「Radiance System Architecture」と電子式の「Electronic 4Dプローブ」(E4D)を採用し、新たな3Dレンダリング技術「HDlive Silhouette」「HDlive FLOW」による周産期に特化したクリニカルアプリケーションを実装したこと。「高齢妊娠のリスクの1つである胎児の先天性疾患に対して、心臓奇形や血流異常などを妊娠初期から発見できる高品質のイメージクオリティを提供でき、周産期医療をさらに前に進めるテクノロジーのブレークスルー」(GEヘルスケア・ジャパン 代表取締役社長兼CEO 川上潤氏)という。

 Radiance System Architectureは、最新のビームフォーマデザインを採用し、高品質のコントラスト分解能を実現。高パフォーマンスのCPU、最新のグラフィックプロセッサーを採用するとともに並列処理を強化し、フレームレート,4Dレンダリングのクオリティを大幅に向上させた。「4倍の超音波の受信データを、10倍の転送レートで処理し、4倍のパワーでイメージ表示する」(超音波本部Women's Healthcareマーケティングマネジャー 八幡努氏)と説明した。