太陽光パネルを搭載したカーポートのイメージ(出所:住友林業)
太陽光パネルを搭載したカーポートのイメージ(出所:住友林業)
[画像のクリックで拡大表示]

 住友林業は10月20日、環境配慮機器を導入した住宅「Green Smart(グリーンスマート)」の一つとして、建築時にカーポートを設置した顧客を対象に、カーポートへの太陽光発電システムの搭載に対応すると発表した。

 定置型の蓄電池システムと併用することで、昼間に屋根やカーポートに設置した太陽光パネルで発電した電力を蓄電池システムに貯めておき、夜間に使うことで電力自給率を向上できる。

 再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を活用した売電でも強みを発揮すると強調している。

 2台用カーポートには出力4.06kW、3台用カーポートには同6.09kWの太陽光発電システムを設置する。カーポートは、建設する住宅や、近隣の建物、樹木などの影がかからない場所へ設置し、効率的に発電できるように提案する。

 カーポートは、積雪30cmまでの地域を設置可能地域とする。太陽光パネルの設置に耐えられるように躯体の強度を高めるなど、三協立山と共同で開発したもので、シャープ製の太陽光パネルを実装する。

 太陽光発電システム、カーポートともに最大15年間の保証としている。