米国の太陽光発電開発事業者のSunEdison社は10月29日、チリに建設予定の出力69.5MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「Javiera」の建設資金として、1億3000万米ドルのプロジェクトファイナンスの組成が完了したと発表した。

 プロジェクトファイナンスの幹事行(アレンジャー)は、チリCorpBanca社とスペインの大手銀行であるBanco Bilbao Vizcaya Argentaria(BBVA)社が務める。両社の融資は、3000万米ドル相当の付加価値税(VAT)の減免対象となる。

 Javieraは、2015年第1四半期中に稼働を開始する予定で、ラテンアメリカ(中南米)で最大規模のメガソーラーの一つになる。

 発電事業者は、SunEdison社の関連会社の米TerraForm Power社となる。メガソーラーの完成後に、SunEdison社がTerraForm Power社に売却する。メガソーラーのO&M(運用・保守)は、SunEdison社が担当する。

 稼働後は、20年間の電力購入契約の元に、チリMinera Los Pelambres社に売電する。Minera Los Pelambres社は、チリ最大の鉱業会社で、銅の産出では世界最大規模のAntofagasta Minerals社の子会社。