PR

 帝人は、燃料電池車向けに、安価で容易に調達できる白金を使わないカーボンアロイ触媒(以下、CAC)の開発状況を明らかにした。帝人は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が推進する燃料電池車向けCACプロジェクトの一環として、東京工業大学との共同で、CACの高性能化や生産性に優れた作製プロセスの開発に取り組んできた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!