PR

 富士電機と富士アイティ(本社東京都立川市)は、工場などに向けたウエアラブル型遠隔作業支援システムを2014年11月12日に東京ビッグサイト(東京・有明)で開幕した展示会「ものづくりNEXT↑2014」の「メンテナンス・テクノショー」に参考出展した。現場の作業者が身に着けたメガネ型のウエアラブル端末を通じてさまざまな情報を現場と遠隔地の本部がクラウド上でやりとりすることで、例えば、日本の本部にいるベテラン技術者が、海外の工場で作業する経験が浅い技術者に、あたかも現場にいるかのように作業支援できるようになる。すなわち、技術伝承に一役買う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
トヨタの燃料電池車を徹底分解、見えた電動化の課題とは
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中