PR

岩谷産業は2014年11月14日、燃料電池車(FCV)用の水素燃料の販売価格を1Nm3当たり100円(1kg当たり1100円)にすると発表した。これは、FCVでほぼハイブリッド車並みの燃費が実現できる価格という。2014年6月に経済産業省の水素・燃料電池戦略協議会が発表した「水素・燃料電池戦略ロードマップ」で、2020年の実現目標として設定しているレベルで、それを5年前倒ししたことになる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
トヨタの燃料電池車を徹底分解、見えた電動化の課題とは
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中