PR

岐阜大学 流域圏科学研究センター 准教授の廣岡佳弥子氏と特任助教の市橋修氏らの研究グループは2014年12月2日、微生物燃料電池において、豚の糞尿などを含む畜産廃水から、発電しつつ、リンの回収に成功したことを明らかにした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!