PR
ウェルスポートナビ(WellsPort Navi)
ウェルスポートナビ(WellsPort Navi)
[画像のクリックで拡大表示]
わかりやすいグラフによって経年変化を可視化
わかりやすいグラフによって経年変化を可視化
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニック ヘルスケアは、健保加入者の健康づくりを支援するシステム「ウェルスポートナビ(WellsPort Navi)」の発売を2014年12月24日に開始した。2015年度よりPDCAサイクルでの実施が求められている「データヘルス計画」の実施をサポートするシステムである。

 今回のシステムは、PDCAサイクルの中で特に「Do(実施)」フェーズの支援ツールとなるもの。保健事業向けのクラウド型ポピュレーションアプローチ(生活習慣病の危険度を下げる働きかけを集団全体に対して行うアプローチ法)システムとなっている。同社によるポピュレーションアプローチシステムは、これまでにパナソニック健康保険組合に提供済みで、2年間で7万人の健康づくりを支えてきた実績を持つ。

 具体的には、健診データの経年変化や血圧、血糖値などの組織内における相対的な位置づけをわかりやすいグラフによって可視化。また、ウォークラリー、歯磨きラリー、禁煙ラリーといった仕掛けを設け、加入者が継続的に取り組むための各種案内通知やポイント付与などのインセンティブの仕組みを用意する。

 処方された薬の履歴をジェネリック医薬品情報とともに提供するのも特徴。こうしたレセプトのデータ連動は、同社がレセコン(レセプトコンピューター)を手がけていることが強みになっているという。加えてアクセス集計や統計機能、イベント後のアンケート実施と集計機能なども備えている。