PR

政策提言も行う

国立がん研究センターの堀田氏
[画像のクリックで拡大表示]

 以降は、共同開発の研究機関・大学の関係者がそれぞれの内容に踏み込んで発表を行なった。まず国立がん研究センターの堀田氏が「がんのメディカル・ゲノムセンター機能に必要なゲノム情報と診療情報の統合」について、プロジェクトを紹介した。

 本プロジェクトはICTの活用による、がんのゲノム医療の早期実現と、相互の可能な分野における連携の推進が目的。ゲノム医療実施体制の具体的な連携イメージとして、電子カルテ、メディカルゲノムセンター(国立高度専門医療研究センターが運営)におけるエビデンス基盤の整備などを通じた共同研究を行なう。

 最終的には、クリニカル・シークエンシングと呼ばれるがん組織の臨床ゲノム解析や、解析に基づくがんの個別化治療までを目指す。「今回の取り組みを通じて、今後のゲノム医療の実施体制の全国的な整備にも貢献し、政策提言も行なっていきたい」(堀田氏)。