伊藤忠商事と芙蓉総合リースは12月8日、岡山市内の土地に、エネワンソーラーと共同で設立した事業会社を通じてメガソーラー(大規模太陽光発電所)「新岡山太陽光発電所」を建設し、発電事業を行うと発表した。

 事業会社への出資比率は、伊藤忠商事50%、芙蓉総合リース25%、エネワンソーラー25%となる。エネワンソーラーは、LPガスを供給するサイサン(さいたま市)と、メガソーラー開発の森和エナジー(東京都千代田区)の共同出資会社で、複数のメガソーラーを建設した実績がある。

 この度、事業会社がみずほ銀行を幹事とする銀行団と今回のプロジェクトに関する融資契約を締結した。発電出力は約37MWで、2014年12月に着工し、2016年12月に操業を開始する予定。年間発電量は約4300万kWhを見込み、一般家庭約7600世帯分の年間消費電力量に相当する。

 メガソーラーのEPC(設計・調達・施工)サービスは東芝、土地造成工事は大林組が担当する。太陽光パネルは東芝製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用する。

 発電した電力は20年間、中国電力に販売する。伊藤忠商事が保有する再生可能エネルギーによる発電出力(持分容量ベース)は、今回のプロジェクトを含め世界5カ国合計で約480MWに達するという。