PR
東芝が講演
東芝が講演
[画像のクリックで拡大表示]
スイッチICの概要
スイッチICの概要
[画像のクリックで拡大表示]
ブリッジICの概要
ブリッジICの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォン(スマホ)分野で存在感が薄い日本の電機メーカー。そんな中、Googleが主導する新しいスマホの開発プロジェクト「Project Ara」で存在感を示しているのが東芝だ。Project Araでは好みのスマホをブロックのように組み上げられる。枠になる「endoskeleton」に、液晶パネルやアプリケーションプロセッサー、ストレージ、カメラ、電池などの各種機能を搭載した「モジュール」を差し込む。東芝はこの中で、モジュール間を接続するために必要なICを開発している。

 このICは、endoskeletonに搭載される「スイッチIC」と、モジュールに搭載される「ブリッジIC」の2種類がある。スイッチICは、モジュール間の接続を制御するためのものだ。今回、最大14個のモジュールと通信できるスイッチICを披露した。なお、endoskeletonではスイッチICの他、マイコンと電源管理ICなどが実装される見込みだ。